「昔の知恵」を見直そう。「すだれ」と「打ち水」

| コメント(12)
梅雨が開け、本格的な夏の到来ですね。

夕方、洗濯物をたたみながら、テレビを見ていたら、
夏の暑さをしのぐために、江戸時代からの知恵をいろいろ検証する番組がありました。

江戸時代、というか・・・・昔はクーラーなんてなかったですもんね。
なので、いろんな知恵で夏の暑さをしのいでいました。

今はクーラーが普通に使われています。
特に都会では、コンクリートで覆われた建物、そして、周りの道路はアスファルトで覆われていて、クーラーなしではとてもしのげないような温度になってしまっています。

必要以上に涼しくするために、いろいろな技術が発達してきたのでしょうけど、結局それが逆にどんどん地球の温度を上げる結果になってきていて・・・・・・・・
人間たちの生活も脅かすようになってきています。

必要以上に温度を下げなくてもいいのでは?と思ったりします。
人間は汗をかいても、健康的に過ごせる温度があるので、それ以上にもっともっと涼しく、と技術を発達させてしまったがための弊害なのでしょう。
人間は汗をかいて、自分の体温を調節できる機能が備わっていますし・・・・。

と、なんだか偉そうなこと書いちゃいましたーーー。

夏の暑さをしのぐには、やっぱり
「すだれ」と「打ち水」

窓の内側のカーテンやブラインドは、ほとんど効果はないそうです。
窓ガラスの特性で直射日光を中に入れてしまうので、それが床や中の物の温度を上げ、室温をかなり上昇させてしまうそう。
「すだれ」は窓の外側につけるので、直射日光を中に入る前にさえぎり、室温を上昇させるのを防ぐのだそう。

そういえば、うちも新しい手法で部屋をリフォームしてしまったところは、夏になると直射日光が朝から入ってがんがんに温度が上がっていたのですけど、「すだれ」をつけると、涼しいです。
あと、窓を開けて風を通すこと。

そして「打ち水」
外の地面に「打ち水」をすると、地熱が3~4度ほどは下がるそうです。
「打ち水」をして、水が蒸発するときに、地熱を吸い取って蒸発してくれるらしいです。
ただ、日中の日なたの地面にしてしまうと「焼け石に水」で、あまり効果はないそう。
日陰の場所や、朝や夕方の少し日がかげっている時間に「打ち水」をすると効果があるとか。
でも、「打ち水」って結構水をたくさん使うので、お風呂の残り湯などで・・・・・。

うちは、日本家屋で一部、上に書いたように新しい手法でリフォームしてしまったところや、屋根がトタンになっているところがあって、その部屋はとても暑いですけど、その他の昔のままの作り、もしくは、昔のままの手法でリフォームしていただいた部屋は真夏でもひんやりするほど涼しいです。

そう考えると、様々なテクノロジーより、昔ながらの様々な知恵で建てたれた家というのが、一番それぞれの季節に自然に対応でき、中に住んでる人間たちも健康的に快適に過ごせるのだろうな、と改めて感じたりしてます。

ちょっと宣伝ですけど(すみません)
うちを昔ながらの手法でリフォームしてくださった「番場工務店」さんが
日本家屋の昔ながらの手法を生かした、とてもいい工法で家を建てられています。
という、工法らしいですけど、これからの地球のためにも人間の健康的な生活のためにもぴったりな工法だと思います。

と、いうことで、ちょっと涼しげな写真を・・・・(以前の日記で使った写真)
伊根町の透明な海の水です。
8_24_2.jpg
暑い夏には、こんなにきれいな水の中にサブンと飛び込みたいですよね。(笑)

あ、あと、
それぞれの季節の旬の野菜、それはちゃんとそれぞれの季節に人間に必要なものが含まれているらしいです。
夏なら、なすとかトマトとか、かぼちゃとか?
だいたい、体を冷やし、夏ばてを防ぐような栄養素が含まれているらしいですよ。
野菜なども、温室栽培で、季節感もなくなってきてますけど、
やっぱりそれぞれの季節に普通にできた、地物の野菜を食べることが健康の秘訣なのかもしれません。

コメント(12)

熱帯夜で有名な練馬の最上階に住んでた時は
本当に暑くてヤバかったです。
暑さのあまり、少しマンションの玄関のドアを
チェーンをして開けてたら「こんばんわ」って
にゃんこがちょこんと座ってました♪

会社ではクーラーつきっぱなし。
温度調節は個人レベルでは調整不可。

なので家では扇風機のみで過ごしてます。

>テンジクさん
早速読んでいただき、コメントありがとうございます。(*^.^*)
テンジクさん、東京でしたよね。
にゃんこのお客様っていいですね。(‐^▽^‐)

なんというか・・・・都会は、ホントに大変です。
クーラーをつけると室外機の熱などで外の気温が更に上がってしまうけど、建物の中でクーラーなしでは人間が安全に過ごせないような状況になってきてるんでしょね。
どんどん悪循環に陥ってる気が・・・・・。

そう考えると田舎暮らしはこれからの時代ホントに贅沢だなー、と思えるんですけど・・・・・
都会で、クーラーなどを使わなくても、夏の暑さをしのげるようになっていけばいいですよねーー。

屋上を苔で覆ってしまって、スプリンクラーで水をかけて、みたいな海外での建物が以前テレビで紹介されてましたけど・・・・・
屋上だけでなく、ビルの外観の壁面も全部苔や植物で覆ってしまって、中のクーラーつける変わりに、その植物たちに水をあげて、中の温度を下げるとか?(下がらんのかな?)
光合成もして、酸素も出してくれますし・・・・・。

あと、ビルの窓の外に全部「すだれ」つけるとか?(^^;)

いっそのこと、ビルを全部覆ってしまう、夏用巨大すだれを建築屋さんたちは建てたときにセットで用意するとか?
夏だけでなく、冬はそれが保温もしてくれるような・・・・・、しかもそれは自然素材のもので・・・・。
(どんどん妄想が膨らむ。。。。)

テクノロジーでなんとかするよりも、昔からあるものや自然の中のものなどを利用しながら、知恵を絞って夏の暑さをしのげるようになるといいですよねーーー。

あと、「汗でお化粧崩れるの嫌ーーー。」とか言わず、人間たちがもう少し忍耐力をつけてみるとか?(^^;;)
『心頭を滅却すれば火もまた涼し』の境地をみんなが目指してみるとか。

なんて、またまた偉そうです。
私も時と場合によっては、お化粧くずれるの嫌ですし・・・・。(説得力ないよーー。

スダレは我が家でもこの時期大活躍(*^^)v
ただ暑さに慣れるまではエアコン無しにするには辛過ぎっす(^^;)

>雁之助さん
すだれ大活躍ですかー?
エアコンなしの生活も今の気温では苦しいかもですねー。
うちも仕事部屋はPCの熱気で室温が高くなるので、つけたりします。
(^^;;)
でも、今日はその仕事部屋の外にもすだれをつけたので、ちょっとは涼しくなるかなー、と期待。
(‐^▽^‐)

WB工法は非常に優れていると思います。
なんせ実際に最終段階の、完成状態の住宅に入って仕事してますから。
夏は涼しいし冬は暖かいです。
光熱費は通常より安くすむと思います。

ちなみに「よだれ」なら得意ですが・・・

>父ちゃん
コメントありがとうございます。(‐^▽^‐)
WB工法って、ホントによく考えられてますよねー。
父ちゃんは実際にその工法で建てられた住宅でお仕事されてるんですねー。
光熱費も安くなるのはうれしいですね。
「よだれ」ですかーーー。
「よだれ」で涼しくなるかなー。(^ ^;)ゞ
それも、自分の水分を排出して体温調節してることになるんでしょかね。

今日はお疲れさまでした^^

あたしもあまりにも暑いので昨日すだれと
(・・ていうかベランダにたてかけてますが)
ダイニングに遮光カーテン買いました。

たてかけたベランダはあたしの部屋のとこなんで
昨夜はクーラー無しで扇風機だけで試してみたら
まったく平気に朝まで眠ることができました。
やっぱり日中の室温をあげないから夜も快適なのかも。

洗たくを干すときも日よけになって快適。
もっと早くすればよかったわ~

>み帆さん
今日(もう昨日?)はお疲れ様でした。
み帆さん宅もすだれされましたかー。
あ、ベランダってコンクリートでした?
なんか、ベランダには、夏の間、下に木の「すのこ」を敷いておくと、日中ベランダに蓄積される地熱(?)がかなり削減されるそうですよん。
そうだ、この前のテレビでそれも実験されてました。
うちはベランダないので、買いてなかったんですけど・・・・。
射光カーテンというのも、最近あるんですねーー。そういえば・・・・・。
(時代の流れについていけてない人→私。(^ ^;)ゞ)

また来月から忙しくなりそうですけど、夏ばてしないようにがんばりましょねー。

おもしろかった                         勉強になりました                

勉強になりました

ありがとうございました
ありがとう
シェイシェイシェイ
たのしかった。

>ちびさん
お返事遅くなってすみません。
コメント承認するのも遅くなってしまって。。。m(_ _)m
参考になりましたでしょうか。
もし、そうでしでしたら、うれしいです。(*'‐'*)

最近のブログ記事

新しいブログへ移行します。
なかなか更新できないブログにアクセスして…
新たな挑戦?
今年はホントに桜がきれいで、またまた桜に…
春風の花を散らすと見る夢は覚めても胸のさわぐなりけり(西行)
お久しぶりです。今年の3月は仕事がかなり…