2011年7月アーカイブ

28日の日記で「音の効能」について書きまして、明日の「想 SOUNE 音」出演者それぞれの効能を想像して書くかも?って書いてたのですが・・・・・・

考えてみれば、大変おこがましいことでして。(^^;) 

感じ方はやっぱり人それぞれですよね。好きも嫌いも自由ですし・・・・。

準備していた前売りチケットが完売してしまったので、今日は当日用のチケット作りなどをしていました。

去年くらいでしょうか。
メンバーのうちのお二人くらいが、「何か大きな音楽イベントしたいですね。」と言われていたのは・・・・。

「へぇー、そうなんだー。音楽を一生懸命されてらっしゃる方々はがんばられるんだなー。」って人ごとのように聞いていました。(^^;) 

今年になって、なんとなく、そのメンバーに入っておりまして、気がつくといろいろ準備などもしていました。

手作りで、手探りで、綱渡り状態で進めてきたイベント「想 SOUNE 音」。
とうとう明日になりました。

なんとなく実感がないような、信じられないような、当日までになんとか準備が間に合った、ということで、私の中ではもう終了してしまった感もあるような・・・・・、不思議な感覚ですが・・・・・。

明日は本番。
個人的には、もしかしたら、息子と一緒に出られるこんなイベントは最後かもしれないなー、と思ったりもします。

お客様にも喜んでいただけるいいイベントになればいいな、と思います。

明日来ていただける皆様、ありがとうございます。
お待ちしております。
m(_ _)m

音の効能

| コメント(2)
今年は本当にひぐらしの声がよく聞こえますね。
なんだか避暑地にいる気分です。

普段、デザインの仕事をする場合でも、普通に生活する場合でも「五感を研ぎ澄ます」ということが非常に大切だと思っています。
五感が鈍ってきたら、またそれぞれの感覚を呼び起こすため、自然の中に身をゆだねにいきます。

また、逆に「五感に働きかけるもの」「五感に訴えてくるもの」「五感を刺激するもの」も非常に大切だと思ってます。そして、五感だけでなく、第六感といふものも、人間は持っていると信じています。
本当は持っているけど、文明や技術の発展に伴い、退化してしまった人が多いだけなのだと・・・・。

さて、タイトルの「音の効能」まで話をどうつないでいこうかと、思ってますが・・・・。(そんな裏事情いらん?(^^;;) 

普段、口にするもの「味覚を刺激するもの」は、自分で意識して摂取しますよね。
けれど、あとの「視覚」「触覚」「嗅覚」「聴覚」は、普段の生活の中で無意識にいろんなものを摂取してしまっていることになります。

どこにいても、形があり、色があり、動きがある。
どこにいても、その場の空気に肌が触れている。(目には見えないけれど)
どこにいても、何かそこのにおいがある。
そして
どこにいても、何かの「音」が耳に入ってきてしまっています。

これって、今まで意識して考えたことなかったんですけど、、、、、よく考えないと怖いなー。って・・・・。
五感を刺激するものって、人間の脳や心や体にすごく影響を及ぼすのです。

たとえば、、、、私は「お香」が好きで、いろんなところで焚くのですが、そのお香についてた説明書から
「香りは、鼻(嗅覚)を通って脳の中枢にある大脳辺緑系へ届き、自立神経などへ伝わって、心身にはたらきかけます。」
と、あるのですが・・・・、これって、きっと嗅覚だけでなく、他の視覚・触覚・味覚・聴覚もですよね。

味覚と、触覚は・・・口から何か食べたり飲んだり、体調悪いときはお薬を飲んだり、触覚では皮膚にもお薬を塗ったり・・・・。

ふだん、あまり意識していないのが「嗅覚」と「聴覚」

これからは意識してみませんか?(って何への勧誘なんだか・・・・(^^;;) 

そして、ここでやっと「聴覚」ですが・・・・・、「音」「音色」「周波数」?
人間のみならず、他の動物たちも植物たちも、きっと何かの音や周波数でコミュニケーションしているのではないかと思います。

なので、この世には人間には理解できない音や周波数もいっぱい氾濫していて、無意識に耳に入ってきてるんんだろうなーーー。
なんて、こんなことを考え出すと、また眠れなくなりますが・・・・・。

あれ?何の話でしたっけ?
あ、「音の効能」

まあ、たとえば・・・・今度の31日にあるライブ「想 SOUNE 音」はどんな音の効能をお客様たちにご提供(?)することができるのだろう。と・・・考えていたわけです。(そこなのか。。。。。
いえ、まどろっこしい宣伝をしようとしてるだけでなく、もうここまできたら、宣伝も本番の演奏もじたばたしても仕方がない、と思ってしまっているわけで・・・・・。
もし、私が「想音」関係者でもなく、出演者でもなく、関係者、出演者に知り合いもいない人で、まったく人間関係のしがらみがないところで「想音」に来てみたら、どうなるのだろう?と考えたわけです。
(また考えんでもええことに脳みそを使ってしまう)

たぶん「味覚=口」以外の感覚、そしてきっと第六感も刺激されるだろうと思ったりします。
その場の空気感を肌で感じ、ステージの演出や出演者さんたちを目で見て、耳で聞く。そして、何か「あっ」って気づいたり、ピピピッと脳のどこかが研ぎ澄まされたりして、第六感が呼び覚まされる。
そして、ずっとそこにいて、音楽を聴き続けることは「音のシャワー」を浴びているのと同じこと。

31日「想音」で音のシャワーを浴びて、みなさんの心や体にどんな効能があったのか、あとで聞いてみたいなー、と思います。

出演者一組一組、どんな効能がありそうか、自分なりの想像で書いてみようかな、と思いましたが、長文になりすぎることと、もう今日は時間が取れませんので、今日はこの辺で・・・・。
明日以降に時間が取れれば書くかもしれませぬ。(期待しないでお待ちくださいませ。m(_ _)m

先日書かせていただきました個性派アーティストによるアコースティックライブ
「想 SOUNE 音」まで、あと1週間となりました。
なんか、そう思っただけでドキドキするので、落ち着かなければ、と思います。

メールやお電話でお誘いをさせていただきますと、結構「予定を調整して行くよー。」って言ってくださる方が多くてびっくり&感謝&感激。m(_ _)m
ありがとうございます。×10万回 くらい言わせていただきます。

お電話でお誘いさせていただいた方に
「何組出るの?どんな人が出るの?」とご質問をいただきましたので、出演者プロフィールをご紹介させていただきます。
※クリックすると、大きな画像でごらんいただけます。▼

profile.gif
ライブ全体の構成も照明や音声やいろいろ趣向をこらして、今までにないちょっと変わった音楽イベントになる予定です。
「アコースティックでアーティスティックなライブ」になると思われます。

そして、入り口付近には去年今年と開催されましたコンパネアート展より、作品を5点展示させていただきます。
ATUMIちゃんの2作品、私の2作品、そして、「想音」に協賛してくださっているミニコミ誌「ねこじゃらし」さんより、Akiraさん(コンパネ酋長でもあります)の作品を1点。
もしかしたら・・・・・、もっと増えるかもしれず?

私も演奏の個人練習をしつつ、ユニットでの練習はもう1回。
そして衣装も決めましたし、背景の色目や雰囲気などを頭に描いてシュミレーションしたりしています。
シュミレーションすると緊張して、まだお腹が痛くなったりするので、本番までにメンタルトレーニングもちゃんとしておかないと、と思います。
「行くよーーー。」って言ってくださった皆様、本当にありがとうございます。
出演者一同、お待ちいたしております。
m(_ _)m

出演者の皆様も、本番に力が出し切れるよう、体調管理もちゃんとして練習もしてがんばりましょうねー。p(*^.^*)q

今日は台風の影響で風が強かったり、ときおり雨が降ったり・・・・・。
そんな中、外出しようとしたら、曇天の下でブルームーンが雨の雫を滴らせながら咲いていた。

今までご紹介してきたブルームーンは青空の下だったり、とても鮮やかで華やかなブルームーンでしたが・・・・。

今日のは、夏の暑さと雨や風にさらされながらもたくましく咲いているブルームーン。
他の季節よりお花の色も鮮やかではないですし、今日はまた曇天だったので、ほとんどモノクロ写真のようですが・・・・・。(写真がきれいじゃなくてすみません。ブログに貼るような写真ではないですが(^^;;) )

11_7_19_bluemoon.jpg
空に向かってどんどん伸びてゆくブルームーンのバラ。
四季咲きなので、冬でも春でも秋でも夏でも花を咲かせる。

見た目は華やかでまるで温室育ちのような華麗さなのに、暑くても寒くても雨や風にさらされても、強くたくましくどんどん空に伸びて、その季節の花を咲かせる。

暑くてばてそうな時に、ふと涼しげに咲いてるブルームーンを見て元気をもらう。凍えそうな冬に「寒さなんて全然気になりませんことよ。」って感じで咲いてるブルームーンを見て元気をもらう。
世の中がいろんな花で華やぐ春にも、華やかに咲き、そして香り、かなりの存在感を放っている。
世の中から花や植物の色が紅葉し、そして消えていく秋にも普通に咲いている。
華やかで華麗で目立つのに、何かおしつけがましい存在感ではない。普通にたくましくそこに咲いているだけ。

ブルームーンってすごいバラ。
(*^.^*)

このバラがずっと欲しくてやっとあるバラ園で探して植えたのだけど・・・・・・、植えてよかった。
どんどん伸びて月まで届け。ブルームーン。(笑
今日はあるお仕事で、京丹後市、網野町の「霧(きり)降りの滝」に行ってきました。
11_7_15_1.jpg
ここにたどり着くには、車を置いて結構歩かなければいけません。
けれど、その道中も森の中。「森林浴」をしながら坂道を登って行きます。
ハイヒールなんか履いてたらたどり着けませんよ。
そして、道中、道なのに水が流れてたりしますので、長靴が最適です。
簡単にはたどり着けない「霧(きり)降りの滝」
けれど、やっぱりたどり着くと気持ちがいいのです。

すごく暑い日だったのに、この近くは滝から吹く風と水しぶきで、ホントに涼しい、気持ちいい。
そして、「森の中」も「滝」もマイナスイオンたっぷりですから。
「マイナスイオン」はいわゆる流行語で、「大気中の細かい汚染物質を清浄化する」と言われて「マイナスイオン商品」がいろいろ出てますが・・・・・
「滝」や「森」に行ったり「夜明けごろの朝の空気」に触れればいいのですよねー。
電化製品に頼らなくても、自然の中からマイナスイオンたっぷり浴びましょう。

そして、夜。
最近月が尋常でない輝きです。
昨日からまんまるお月様。昨日と今日とどちらが満月だったのかわかりませんが、今夜写真を撮ってみました。
11_7_15_2.jpg
今までは満月撮ったらはっきりとした輪郭の普通に丸い月に撮れていたのに・・・・
今夜撮ると・・・・・周りの光がすごいです。何もカメラに細工してませんし、加工もしてないですが・・・・・。
と、いうことで・・・・・最近「月光浴」もよくしています。
もともと「月」が好きで「月光浴」はよくしていましたが、最近はみなさんが「月光浴」されてらっしゃる気がしますね。
「月」の存在感が最近本当にすごいので・・・・・。


と、いうことで・・・・・今日の1曲(え?
その名もズバリ「月光浴」です。
しばじゅん、こと柴田淳さんの曲。
柴田淳さんはピアノで曲作りをされて、ピアノの弾き語りをされる方ですが、メロディーも歌詞もとても美しいです。
娘が大好きでたぶんCDすべてを買って持ってますが、私は中でもこの曲が好き。
この曲はイントロからできたそうです。
キラキラと月の光が降り注ぐような美しいイントロ。

歌詞も好きです。

「コーヒーに月と星を浮かべて 「おいしいね」と笑って・・・・」とか
「水面に映った月をすくって「つかまえた」と笑って・・・・」とか・・・・。

この前、コンパネ慰労会のカラオケでも歌ってみました。
と、いうことで・・・・・どぞお聞きくださいませ。


しかし・・・、やっぱり、この曲の美しさを表現するには、ピアノなんだろうなー。ギターでできるといいのだけれど・・・・。(^^;;) 

この土日も濃いーーーー二日間でした。
まず、9日土曜日はコンパネアート展慰労会。
ホントはコンパネ展のあったトタン小屋で慰労会すればいいのですが、この暑い中トタン小屋で七輪会をすると死者が出るかもしれず、ということで・・・・、とあるレンタルハウスを借りました。
カラオケなども装備されて、遅くまで大きな音を出しても大丈夫、ということで・・・・
まずは楽器演奏などから始まり、途中からはカラオケに・・・・・。
飲んだり食べたり話したりしながら、途中からはみんな踊ったりして、かなーり盛り上がりました。

11_7_19_1.jpg
こんな怪しい人たちも出没。。。。
11_7_19_2.jpg
みんながノリノリで踊ったりしてたときに、メンバーの中のある女性Aちゃんが遅れてやってきました。バンド練習があったので、遅くにやってきたのですが、入るなり、こんな状態です。
そのときの顔をコンパネ酋長は「鳩が豆鉄砲くらったような顔だった。」と表現しました。まさにそのとおり!
しかし・・・・・私もときどき、冷静になり客観的にこの集団を見て・・・・
「なんなんだーーー。この集団はーーーー。でも、面白い。(>y<)」って思ってしまったのでした。
みんな、なんというか・・・・・・心全開状態。。。。。(^^;;) 
楽しい時間でした。

--------------------------------------
そして、次の日の10日日曜日は7月31日にあるアコースティックライブ「想SOUNE音」の出演者さんたちの顔合わせ&ミーティング&こぶしがため(?)でした。
とあるお店の一部屋を貸しきって。
みなさん、個性的な楽しい方々です。
あっという間に時間が過ぎましたが濃いー時間でした。
またまた「短くて(楽しくて)長い(濃い)時間」を体験。

なんというか・・・・その貸しきった部屋だけどこか中空に浮いていたかのような・・・・・。
また、その部屋だけ時間が止まったような気がしました。
まあ、一番最後まで居座ったしつこい客だった、というわけですが・・・・。(^^;;) 
お店の方々すみません。m(_ _)m

コンパネアート展と想音で重複しているメンバーは4人(マネージャーさん?も含め)ですが、二つは関連なく独自に企画されているイベントです。

けれど・・・・・なんか・・・・共通点があるんですよねーーー。
「表現することにおいて・・・・「王道」は行かないよ。」みたいな・・・・・・・。
「万人受けはしないかもしれないけど・・・・・、くせになるよ。」みたいな・・・・・・。

コンパネアート展も入って「ぎょっ」として、とまどって・・・・、でも、「次も楽しみ」と言ってくださる、いわゆる「くせになってしまった」方が多いような気がします。

「想SOUNE音」も音楽という表現手法ですが、普通のライブとは一味違ったアーティスティックな
「いいのかどうか、好きなのかどうかわからないけど・・・・・、なんかとまどってるけど・・・・・、でも・・・・・くせになりそうーーー。」
って感じのライブになりそうな予感がします。というか・・・・そうしちゃいます。(強気発言)
みんながんばってね。(←ここでいきなり他力本願 & 弱気

あ、「想音」の宣伝のチェーンメールもどきが、もし私や他のメンバーから届きましたら・・・・・、その後「受信拒否リスト」に入れないでくださいねーーー。(泣

と、いうことで・・・・・
「短くて長い二日間」でした。
みんな、楽しい人ばかり。(*^.^*)

夏空

| コメント(4)
洗濯物を取り込んでいたら・・・・、空がきれいだった。
「夏が来たんだなー。」って思った。

これ、何雲って言うんだろう?
巻積雲(うろこ雲)?
高積雲(ひつじ雲)?

青い空、白い雲、あと黄色いひまわりが欲しいけれど・・・・・・・
今年ひまわりの種を蒔くの忘れてしまったーーーー。tobotobo.gif
11_7_9.jpg

暑くなってきましたね。夏ですね。夏。
季節感もゆっくり感じられないまま、この1週間は過ぎていきました。
日付変更線もわからないよな感じで・・・・・。(^^;;) 
明日は日中は仕事しますが、夜は楽しいことが待っております。
がんばろー。

京都府様から秋からの色彩講習の講師を2講座ご依頼していただきまして、来週打ち合わせがあるので、カリキュラムを考えています。
11_7_8_color.jpg
2講座あるので、一講座目に基礎も入れてみようと思います。
以前はこちらに色彩学の講師に来ていただいてた方が、私の大学の先輩でした。
とっても素敵な方で、講習も非常にわかりやすかったです。

まだ、そのときは私も色彩学の資格も持っていなかったので、その先生にご相談したりして、その後国家試験を受け、カラーコーディネーターの資格を取りました。
大学で一応、基礎は学んで、仕事の中でいつも色は扱っていたものの、ちゃんと学術的なことも頭に入れておかないと、と思い、そして、やっぱり「色」って生活に欠かせないもの。
「色を味方に」すると、生活も仕事もぐっと楽しくなるに違いないのです。

資格取るまで、4ヶ月間毎日4時間以上はみっちり勉強しました。
「体壊すし、もうやめとけ。」と主人に言われたくらい・・・・。(^^;;) 

でも、色って本当に奥が深いのです。

今度の色彩学は仕事に使える色彩学2講座ですが、資格を取りたいための方にも勉強になるカリキュラムを取り入れようかな、と思ってます。
もちろん生活にも役に立つ色彩学を・・・・・・。

テキストをもう一度見直しながら
また自分でも学術的なことを勉強し直しておこうと思います。

人生いつまでも勉強ですね。
(*^.^*)
脳みそは低下してきますが・・・・。(←だめぢゃないか・・・・・。(^^;;) 
今日(もう昨日)は、あるお客様のホームページリニューアルのための商品撮影でした。

私がフリーでデザインのお仕事を始めた頃、自分で写真も撮影していました。
でも、なかなか思うような写真が撮れず、今のお仕事仲間のカメラマンさんakiraさんと、あるお仕事で知り合い、その後はいろいろご指導を受け、機材もいろいろ揃えたりして、またまた自分で写真撮影してました。
でも、やっぱり・・・・・・思うような写真が取れないのですねーーー。
第一に、光を味方にすることができなかったのです。
なので、撮影しても、それをPCに取り込んで、いろいろ加工しなければ使えませんでした。

その後はやっぱり、ちゃんと撮影の予算を取って、カメラマンさんに撮影をお願いするようになりました。

デザインする上で写真ってすごく大切なのです。
今はいいデジカメも出ていて、誰でもそれなりの写真が撮れるんですけど・・・・、やっぱりプロの写真とは違うのですよね。

実は・・・・・私も大学で写真の授業があったので、写真に関する基礎知識や、現像なども一通り学んではいるのですが、私の専門は写真ではありません。
撮影は今はお気軽のように思えますが、やっぱり大変なのです。

と、いうことで・・・・今日の撮影現場をちょっとだけご紹介。
(本当はこういうの見せてはいけないのかもしれませんが・・・・)

11_7_5_1.jpg
商品撮影のセッティング。セッティングだけで結構時間がかかり、あと撮影に使う小物選びとかいろいろ時間もかかりました。

11_7_5_2.jpg
「こんな感じでデザインをしたいので、こういう雰囲気に撮ってください。」とお伝えすると
ちゃんと思ったように撮っていただけます。
なので、デザインに使うとき、ほとんど画像加工が必要ないのです。
助かりますーーー。
でも、撮影現場では、あーでもない、こーでもない、という討論も繰り広げております。
「ちょっと思ったより黄みが強いので、黄みを減らして青みを強めて、もうすこし透明感を出して撮っていただけますか?」とか。
「この商品のパッケージがくすんだ色味なので、バックの色目はこうしないとどちらも殺しあうので、双方が生かされるような雰囲気で撮っていただけますか?」とか・・・・。

今日はあるお化粧品の撮影。
ナチュラルでピュアな雰囲気に、ということで、透明感を保ちつつ、ナチュラルに撮っていただけます。

透明な物、光を反射する素材などを使っている物の場合は映り込みなどもあり、撮影は大変なのですが、そういうこともちゃんと考慮しながら撮影していただけます。

今日は12商品撮影する予定でしたが、半分しか撮影できませんでした。
セッティング、小物集めなどで時間がかかってしまって・・・・。

そして、半分撮ったところで、カメラマンさんご本体の充電が終了しましたので・・・・・。
(撮影ってほんとにエネルギーを消費しますから)

普段、こんな感じでお仕事仲間のカメラマンさんとお仕事しております。

予算がないから、自分で写真撮っちゃおう、って方も多いと思います。
はい、それはそれでいいと思うのですよ。

でもね。
やっぱりプロの撮られた写真にはかないません。
少し費用がかかっても、プロに撮っていただいた写真によって、より業績や売り上げがアップすると思えば、やっぱり「餅は餅屋」ですよ。

明日はまた今日の続きの商品撮影をします。
そのホームページは最初は私が商品撮影してて、途中から今のカメラマンさんに撮影していただき、今回のリニューアルで、「やっぱり途中からの雰囲気の写真に(プロ撮影の写真)にしてください。」とご依頼していただきました。撮影は別料金で・・・・・。

撮影は大変ですけど、お客様がやっぱり喜んでくださることが、私たちの喜びでもあります。
(*^.^*)


節電の夏

| コメント(6)
今日から7月ですね。
今日はちょっと涼しい感じですが、いよいよ夏です。

久しぶりに今朝テレビを見てみたら「節電の夏」特集みたいなことをやっていました。

企業でも一般家庭でも、いろんなアイディアで節電されてきてますね。
企業では、節電をしなければ罰金が課せられるそうです。

ある大企業さんは、平日を二日間お休みにして、土日を仕事にするとか・・・・。
それによって、その地域の電力が分散されるんでしょか。
土日仕事になったので、そこで働く人たちのために、子供さんを預ける保育所なども平日を休みにして土日保育を始めたり・・・・、そしてバスや電車の時間も変わってきたり・・・・・。

ん????????

なんか・・・・・ホントに・・・・・・時間軸変わってきてません?

一年が365日で、一週間が7日で月火水木金土日 曜日があって、日曜日がお休みっていつから決まったんでしょかね。
なんとなく、今まで普通だと思ってたカレンダーが普通じゃなくなってくるのかも。

それから、夏は暑いものですよね。ホントは・・・・・・。
夏は暑くて汗をかくのは普通。四季をはっきりとわかることができる日本ではなおのこと。
でも、一度クーラーの中のあの快適な涼しさを体験してしまったら、それなしではいられなくなります。

けれど、クーラーや冷蔵庫やそういうものが結局地球温暖化の原因になってきているという「便利さ、快適さ」の弊害。
そしてますますクーラーなしではいられなくなる、という悪循環。
快適さを求めすぎると・・・・・・悪循環に陥るのかな。

人間がもっと便利に過ごそう。もっと快適に過ごそう。もっと楽に過ごそう、と知恵をさまざまな技術の発展に使えば使うほど、環境が破壊されてきたんだろうなー。

今「節電」を余儀なくされて、みんなは知恵をまた違った方向に使おうとしている。
さまざまな技術を進化させるためでなく、環境と調和する方向で・・・・・・。
ホントはもっともっと早くこういう風にみんなが考えて行動しなきゃいけなかったんだろうな。

「今、電気をまったく使わない生活をしろ」と言われるとすぐにはちょっと無理だけど、今回かなり減らす、ということを社会全体でやってるんだから、すごいことだなー。

神様がいるとしたら、こう思っているに違いない。
「やればできるんじゃないか。
地球温暖化になってきたり、少しずつ自然の中から警告を発し続けても、何も変わろうとしなかった人間たち。今回のような大きな災害で、かなりの恐怖感を与えなければ変われないなんて、なんて愚かなのだろう。犠牲になった命を尊びながら昔ながらの知恵を思い出すがいい。」って・・・・・。

あと、テレビである人(博士みたいな人かな?)言ってましたけど、「自分が快適な気温のときに、自分の体がその状態を記憶すればいいのです。」って・・・・・。
そんなことできるんだーーーー。
形状記憶シャツとか、いろいろなものが開発されてますけど、人間の体そのものが自分の快適状態を記憶してそれを維持できるんですって・・・・。
ほぅーーー。人間ってすごい。

そういえば・・・・
人間って頭があって、普通はそこに髪の毛があって(ない人もいらっしゃいますが(^^;) )、それは日光や雨やその他のものから頭を防ぐため?帽子がなくても、ホントはちゃんと身を守れるように髪の毛があるのかも。
たぶん服を着なくなると、獣のように体中に毛が生えるんじゃないかなー。体を守るために。
そして、目は二つ、耳はふたつ、鼻の穴は二つ。口はひとつ。手足は2本ずつ。あと内臓なども数やその位置や、たぶんすべてすごく意味があるんだと思う。
それらをちゃんと正しく使わないと、退化してくるのかもだなー。

あと、季節それぞれにあるものも意味があるのだと・・・・。
たとえば夏野菜は体を冷やす。冬野菜は体を温める。春先に出る山菜はなどは冬の間に体内にたまった毒素を体外に出す働きがある、とか・・・・。
でも、今は温室栽培で季節に関係なくいろんなものがありますけど・・・・。
その季節に本当にとれるものが体にはいいのでしょうね。
それが一番自然と調和できるのかも。。。。。。

と・・・・・・・・・・・・・・・・そういうこと考え出すと・・・・・・、仕事できなくなるので、仕事しまーす。
ε=ε=ε=ε=┏( ・_・)┛

あ、夏はアイス食べましょ。
11_7_1.jpg
「黒岡アイス」さんの酒かすアイス♪おいしいー。「飲む点滴」と言われる酒かす。夏ばて防止に夏はアイスで。
(*^.^*)