2012年4月アーカイブ

先日、近くの小学校へ用があって行った帰り道。テクテク歩いていると、黄色いシンプルなかわいい野の花が・・・・。
「これよく見るけど何だったっけ?」
道の端を彩るかわいい黄色い野の花。
kinpouge.jpg

数日たって、ちょっと仕事の合間にスケッチブックとデジカメを持って出かけた。
しばらくその場でスケッチ。
帰ってまた時間を見つけて彩色。
kinpougepic.jpg
花の名は「きんぽうげ」
花の形もとてもシンプルで子供でも描けそうなお花。
葉っぱの色目も濁りのないきれいな緑色。

とてもシンプルな花だけど、下の方に大き目のワサワサした葉っぱが茂っていて、あまりにあどけなく無防備に咲いているきんぽうげのお花を支えているかのように見える。

あどけなく無防備。そしてシンプル。
シンプルに生きるのが一番なんだよね。

春の野の花

| コメント(12)
洗濯物を干したり、ガーデニングしたりしていると、家の回りにも草がいっぱい。
けれど、野の花を見ているとなぜか、いろいろ考えたり感動したりするのでした。

感動しながら絵を描く。そのときは幸せのひととき。
12_4_15.jpg
ooinufuguri.jpg
「オオイヌフグリ」の花の名の語源はあまりロマンチックではございませぬが、お花はかわいいので気にしませんよ。f(^^;)
ワサワサと茂っている雑草たちの中にあったので、描くのが難しかったですし、お花は閉じてますが・・・。
オオイヌフグリは青い小さな花がかわいいですが、よく見ると葉っぱのつき方がバラの花のようにゴージャス。葉っぱがゴージャスなのだけど、色が赤とかピンクとか華やかな色でなく葉っぱの緑色なので、目立たない。
こんなに長時間じーーーっと見つめられたことあるのかなー、と思いながら絵を描く。
恥ずかしくて花が閉じちゃったかな?(いあ、夕方だったからかも?)

tanpopo2012.jpg
たんぽぽの綿毛を見つけると絶対「ふーーーっ」ってする人です。わたし。。。。
「宝石の種、飛んで行けーーー。」って感じ。
kanji.gif
漢字って・・・・・、深い。。。。

サクラサク

| コメント(2)
お久しぶりです。m(_ _)m
3月4月はお仕事や息子の引越しなどでばたばたしておりました。

とうとう息子も巣立って行き、我が家に子供は一人もいなくなりましたが、私も気持ちを切り替えてお仕事もがんばったり、自分の楽しみもいろいろ探していこうと思います。

と、いうことで・・・・・春の楽しみ。
「桜」です。

2012sakura1.jpg
桜が大好きです。
でも、「桜が嫌い」という人に出会ったことがないので、みんな大好きなのでは?と思います。

きっとそれは特別な花だから。
寒くて辛い冬を乗り越えた後に咲く桜は「喜び」や「幸せ」を象徴している気がします。

「合格」の意味で「サクラサク」という言葉を使いますが、これも長くて辛い受験勉強の後に訪れた「合格」という喜び。その言葉を「桜咲く」と言う言葉で表現する日本語って素敵ですよね。

桜の魅力は不思議です。
上品で楚々とした美しさ、そこはかとなく漂う色気、けれど強さも可愛さもあり、そしてどこか切なげな憂いもある。とても美しいのに主張しすぎようとしてない感じ、なのに、すごい存在感があります。
いろんな魅力が混在していて、見る人を魅了します。

去年は桜をモチーフにして、このタイトルの絵を描きましたが、今年もそう思います。きっと毎年思います。
この時期は桜を見上げてみんなが「きれいだなー。」と感動する。
「桜でつながる和の心」と・・・・・・・。

2012sakura2.jpg