2012年11月アーカイブ

11月ももうすぐ終わり。
冷え込みも激しくなり、冬の気配を感じ始めました。

今日は久々の「こころシリーズ」。

「変わる勇気」「変わらぬ勇気」

世の中はすごい速さで進歩しています。さまざまな技術や文明機器。
どんどん変わって、けれど、不景気で人々は「不安」を抱えているようなそんな世の中。

仕事などは、いつも世の中の流れを見て
「今何を勉強するべきかな。どちらの方向に向かって行くべきかな。」と常に世の中の流れに合わせて対応できるスキルアップをしていかなければいけません。

仕事の面では「今、私はこちらの方向へ向かっていこう。」というような変化のときを、またそろそろ感じています。

時代に合わせて自分を変えていく。「変わる勇気」
それを持っている人が好きです。そして自分もそうありたいと思っています。

けれど、そういう「変わる勇気」を持ちつつも
「ここだけは譲れない。どんなに世の中が変わっても。ここは変えたくない。許したくない。」
そんな「変わらぬ勇気」
そういう1本芯の通った人が好きです。そして、自分もそうありたいと思います。

芯はしっかり持ちつつも、柔軟に時代に合わせるところは合わせていく。
なかなか難しいことですが、そういう自分になれたら、と思っています。
『ブレない自分』
その部分を保つことは、ときに孤立したり、人間関係に終止符を打たなければいけないこともあります。
けれど、それは仕方がないこと。「ここは絶対譲れない。許せない。」と思うところは変えられないので。そこを変えると「自分が自分じゃなくなっていく。」

もうすぐ2012年も終わり。
そろそろ今年の反省点をまとめて、来年の目標も考えたいと思います。

けれど、まだまだお仕事は残っておりますので、そちらもがんばります。
(*^.^*)
紅葉が美しい国はそんなにないらしい。

日本が一番、紅葉が美しい国だと言われている。

日本の山々は秋になると、一つの山でいろいろな色が混じってまさに錦絵のようになり、この錦絵のような紅葉の景色は日本が世界に誇れるものなのだそうです。

秋になると山々を見てうっとりします。道端に落ちたきれいな色の葉っぱを拾ってきて本にはさんだりしてしまいます。そして、葉っぱ一枚一枚の色彩をゆっくり楽しみます。

日本の紅葉は、繊細で美しい色合い。
毎年こんな美しい紅葉を見ることができる日本人は色彩感覚が悪いわけがない、などと思ってしまいます。
『秋色(アキイロ)の魔法』
秋は自然を美しいアートに変える。世界に誇れる日本の芸術品。

12_11_12.jpg
廃屋にからまった葉っぱたち。その葉っぱたちも秋になると華やかに色づきます。
誰も住んでいない寂しい廃屋も、ちゃんとおめかししてあげるんですね。

※これはデジカメ写真です。(^^;;) 

寒くなってまいりました。
薪ストーブの季節ですよ~♪

去年までは薪ストーブの上で煮炊きもののお料理をしておりましたが、今年からは炉内でのお料理に挑戦!

スキレット、という鋳物でできたフライパンのようなものを購入。
炉内に置く、これまた鋳物でできた五徳も購入。

まずはピザを、と思っておりましたが、生地作りに少々時間がかかるので、まずは、冷蔵庫にあるものでお料理を。
とりもも肉があったので、とりもも肉や野菜や、庭にあったハーブを使って「野菜たっぷりのハーブチキン」を。

まずは、少し塩麹につけこんでおいたチキンを炒めます。
12_11_1_1.jpg
「ファイヤー!」って感じでワイルドです。
少し焼き目がついたら、野菜やハーブを入れて、塩コショウします。
12_11_1_2.jpg
いい香りが漂ってきますよ~♪
お酒をかけて、蓋をして、蒸し焼きにします。
12_11_1_3.jpg
そして・・・・
はい、できあがり~♪
12_11_1_4.jpg
ジュージューという音。いい香り~♪
おいしいです。(*^.^*)

そして・・・・・ピザも作りました。(一気にご紹介)(^^;;) 
12_11_1_piza1.jpg
ピザ生地も作りました。生地を丸くするときに、伸ばす棒が見つからず、手で伸ばしたら三角形に。
ご愛嬌ということで・・・・・。(^^;;) 

12_11_1_piza2.jpg
「三角形ピザ」の、できあがり~~♪
具は冷蔵庫にあるもので。
たまねぎ、ピーマン、ほうれんそう、ベーコン。
おいしかったーーー。
生地も手作りなので、生地だけ焼いて食べてもおいしいです。

薪ストーブ料理の幅が広がって、この冬太ってしまいそう。。。。。(^^;;) 
でも、毎日火を使ってお料理で遊べるのは楽しいこと。
またお友達を招いてピザ食べたりして楽しく過ごそうと思います。
(*^.^*)