11.18.0:16 Full Moon

日曜日の深夜、11月18日の0時16分、満月でした。
あまりにも月がきれいな夜。
外は空高くに大きな街灯があるかのように月明りで散歩ができそうなくらい。

月が大好きで、月の本もいろいろ持っている。
月は神秘的で月にまつわるいろんなお話や云われがある。
「月空洞説」や「月宇宙船説」もそう。
月の表面に硬い物を落としたら、ずっと鐘の音のような音が響き続けるらしい。
なので、月の表面は金属のような硬い物でできていて、中は空洞なのではないか、と。
そして、空洞、ということは中は生き物などがいて、月そのものが宇宙船なのではないか、と。
かぐや姫のお話は月の使者たちが迎えにきて、月に帰っていくけれど、UFOが迎えに来て、母船である月に戻って行ったのではないか、とか。

いろいろ調べてるとますます面白い。

「月光浴」の効能などもいろいろあって、クレオパトラや楊貴妃は月の光を浴びて若さと美しさを保っていたとか。
ニューヨークのビジネスマンは大切な商談を満月の夜にする、とか。

けれど、月の光の効能はいいことばかりではなく、「Lunacy」と言われる狂気をもたらすものもあったりする。

11_20.jpg
同じ月の光を浴びても、どういう人がサクセスムーン(成功の月=ツキ)になるのか、ルナシィー(狂気の月=憑き)になるのかはわからないけれど。f(^^;)

18日深夜の月の輝きは特別だった。
私の肉眼では下のように見えて、写真でもそれが撮れるのかな、と思ったけど、写真には写らなかった。
13_11_20_2.jpg
私の目がおかしいのかな、と何度も違う場所を見て、また見直したけど、月の光は放射線状に広がっていた。
不思議な満月の夜だった。

最近のブログ記事

新しいブログへ移行します。
なかなか更新できないブログにアクセスして…
新たな挑戦?
今年はホントに桜がきれいで、またまた桜に…
春風の花を散らすと見る夢は覚めても胸のさわぐなりけり(西行)
お久しぶりです。今年の3月は仕事がかなり…