なかなか更新できないブログにアクセスしていただいてる皆様、いつもありがとうございます。

現在使用中のブログシステムがMobileType4という物で、最近の端末などに対応しにくいシステムであり、しかも、そのシステム全体をバージョンアップさせたりするのがなかなか時間がかかってしまったり大変なので、この度、URLを変えて新しいブログシステムで日記を書いていくことにしました。(専門用語ばっかりでわかりにくいですね。すみません。)

ブログを閉鎖するのではなく、また新しいブログシステムで更新していきますので、今後はそちらをよろしくお願い致します。

新しいブログは

です。

現在のブログも引き続き、読める状態で置いておきます。

ではでは、皆様、勝手いたしますが、今後ともよろしくお願い致します。
今後は携帯やiPadなどからの更新もしやすいシステムなので、もっと頻繁に更新できるかと思います。(と、書いてしまって大丈夫なのかな?(^^;))



新たな挑戦?

今年はホントに桜がきれいで、またまた桜にフィルム3本ほどを費やしました。
まだ現像ができていないのですが、どんな写真が撮れているかな?

そんな4月ですが、この4月から新しい扉を開きました。
というか、開いていただきました。

「Bits」というフリーペーパーで1ページ担当させていただくことになりました。
bits_4.jpg
文章と1ページ全部のデザイン、完全デザインデータ作成までを担当させていただきます。

最初お話をいただいたとき「もっと若いデザイナーさんの方がいいのでは?」と言わせていただいたのですが、Bits全体を担当されているKサんと年齢が近いこともあり、他のお仕事もご一緒させていただき、生活や仕事その他に関して価値観が似ていていろいろお話しやすいこともあり、ありがたく受けさせていただきました。新しい扉を開いてくださったKさんに感謝です。m(_ _)m

「よその地から丹後に嫁いで暮らしている女性の目線で書いて欲しい。」ということでしたので、どんなテーマにするかもいろいろ考え、言葉の使い方なども国語の先生である娘にいろいろ相談してみたり、この丹後で十数年ミニコミ誌「ねこじゃらし」をされているお仕事仲間のIさんや、その中でエッセイを書かれている先輩デザイナーのKさんに見ていただいたり、いろんな方のお力もいただき応援していただきました。

「Bits」は丹後が大好きでちょっとおしゃれな雰囲気が好きな方々が好むフリーペーパーかな、とうことで、デザインなどもいろいろ考えました。
けれど、主役は私のページではなく、スポンサーの皆さんの宣伝や特集記事などなので、「あまり目立ちすぎず、けれど、ふんわり心にひっかかる」そんな雰囲気にしてみました。
テーマは「Sweet Nostalgy in Tango」
ふんわり甘く優しい思い出がいっぱい詰まったような丹後の記事を書いていければ、と思います。
そして、地元で生まれ育った方はもちろん、よそから丹後に来られてアウェイ感を感じたりしてる方々にもホッとしていただいたり、ふんわり気持ちよくなっていただければ、と思います。

「Bits」ってどういう意味かな?とも調べてみました。
「ちょっと」とか「かけら」という意味だそうです。
人間は一人一人ではただの「欠片(かけら)」。いろんな個性の凹凸を持った人たちがつながってひとつの大きな素敵な絵を完成できればいいですね。
そして、「思い出の欠片(かけら)」もいっぱい集めて「思い出の宝箱」にもしていけれないいですね。

まだまだ、始まったばかりで「私でよかったのかなー。でも、喜んでいただけたらいいなー。」という思いです。

主張しすぎないページですが、ふんわりみなさんの心に残ってもらえればいいな、と思います。
よろしくお願いします。
m(_ _)m

お久しぶりです。

今年の3月は仕事がかなり忙しく睡眠時間も削ってお仕事しておりました。
やっと一段落したら、今年も桜が咲きかけておりました。
桜はいいですね。ホントに。

今年もフィルムカメラを持って桜を撮りに出かけてますが、去年の桜の写真をいくつか。

去年3本ほどフィルムを桜に費やしましたが、本物の桜に比べると全然美しくない感じがして現像した後心が折れてしまいましたが、桜に対する想いのような物は出ているかもしれません。
「Sakura2013」
OLYMPUS OM-1/Lomography Color Negative 100 ISO 35mm(無修正)
91830011.jpg06100010.jpg06100013.jpg06100006.jpg06100025.jpg06100026.jpg06100033.jpg91830004.jpg
桜を見ると西行の歌を思い出します。

春風の花を散らすと見る夢は覚めても胸のさわぐなりけり(西行)

願わくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月の頃(西行)

森の妖精=フクロウ

2_20.gif

日々ヨガ(絵日記)

2_17yoga_suki.gif
※首を痛めている方は「スキのポーズ」は、しないでくださいね。

ザクザクリンゴのケーキ

2_11.gif
2_11applecake.jpg
こんなんできました。
甘過ぎない、リンゴの自然な甘さのケーキ。
なかなか美味しいと思えました。(家族もそう言ってました。)
大きかったので、ご近所さんにも少しお裾分け。(「まずかったらごめんなさい。」と。←親切の押し売り的迷惑かも)
もっと甘さが欲しければ、生クリームかバニラアイスを添えればいいな。
また作ろう。
「ザクザクりんごのケーキ」。

「愛」とは?

近頃、「愛」について考えていました。
「愛」って人間の男女の愛のことだけではないです。
親子の愛。その他親族同士の愛。友との愛。動物との愛。植物への愛。
大切な物への愛。
「愛」はいろんなところにあります。
なぜ、こんなに「愛」について考えてしまうのかというと、
地球を救うのは「愛」そして宇宙の法則は「愛」だから。
そうなのだと確信したから。

今読んでいる本
アミ 小さな宇宙人
もどってきたアミ
アミ 3度目の約束

にもそれらについて書かれています。
以下、「もどってきたアミ」からの抜粋を

------ここから抜粋------------
愛とは意識の繊細(デリケート)な一成分のことである。
それは存在の深い意味を教えてくれる。
愛はゆいいつの合法的な"麻薬"である。
まちがって、愛が生み出すものを酒や麻薬の中にさがすひともいる。
愛は人生においてもっとも必要なものである。
賢者は秘密を知っていて、ただ"愛"だけをさがした。
ほかのひとはそれを知らないから"外"ばかりをさがした。
どうやったら愛が手に入るかって?
愛は物質でないから、どんな技術も役に立たない。
それは思考や理性の法には支配されていない。
思考や理性の法が愛にしたがっているのだ。
愛を手に入れるには、まず愛が感情ではなく、存在であるということを知ることだ。
愛とはなにものかであり、実在している、生きている精神である。
だから、われわれの中で目ざめるとわれわれに幸福を、そしてすべてのものをもたらすもの。

どうしたら愛がくるようにできるのか?

まずさいしょに存在していることを信じること(愛は見ることはできない。ただ、感じるだけだから)(それを神と呼ぶひともいる)。
それができたら心の奥底にある住まい、つまりハートにさがすことだ。
それはすでにわれわれの中にいる。呼ぶ必要はない。
きてもらうように願うのではなく、ただ自由に出るようにさせてやること、ひとにそれをあたえてやるようにすることだ。

愛とは、求めるものではなく、あたえるものなのだ。

どうやったら愛が手に入るかって?

愛をあたえることによって

愛することによって


---------ここまで抜粋---------

近頃、循環が本当に大切だと感じている。
地域循環型経済などが良く使われるけれど、
いろんな「グルグル」循環があって、初めて、地球のバランス、宇宙のバランスが保たれるのだと。

誰がが笑顔になれますように。誰かが幸せになりますように。地球が破滅に向かわず、愛に包まれますように。
「愛」の循環、はじめませんか?
誰かを笑顔に誰かを幸せにできる人は、自分も笑顔に幸せになれる。
それが「愛の循環」「宇宙の法則」だから。
※ただ、最初から自分に得が回ってくるように行う打算的な何かは「愛」ではなく、「エゴ」です。

急にこんなこと書いてびっくりされる方もいらっしゃると思いますが、
「今これを発しなければいけない。」そんな指令が降りてきてるような気がして。(^^;)

「愛」について、地球について、宇宙について、皆さんもじっくり考えて見られませんか?
でも、時間がありません。早急に。(←ここも自分ではよくわかりませんが、そう発するように脳内に指令が来てるようです。)
この人頭おかしいんじゃない?と思われる方はご縁がなかったということで。(^^;)

近況(絵日記)

2_6.gif

1_10.jpg


秋色満喫

師走(12月)になりました。
仕事も忙しくバタバタしております。
今年中にすませないといけないことをちゃんと整理して片付けて行かなければ。

そんな中仕事で伊根町に行ったので、帰りに秋色の景色をiPhoneで撮ってきました。
(フィルムでも撮りましたがまだ現像できてません)
今は冬と秋が景色の中に混在している時期ですね。

まだ秋が名残惜しそうに残っています。

この写真、廃屋の木の壁に秋色の葉っぱ達。
誰も世話してくれなくなった廃屋の色あせた木の壁の色が生きている葉っぱ達を引き立たせているようです。

そんな秋色の景色を切り取って絵に描いてみると
13_11_30ine_akinoha2.jpg
水彩絵具と色鉛筆で描いてみました。(パソコンではなくアナログで)

「秋の葉を・・・愛でるは易し、描くは難し。」
秋のきれいな色の葉っぱ、どの絵具とどの絵具を混ぜれば出せるかなと思いながら描いてる時間はとても好きです。
「葉っぱの数やツルの本数減らしたな。」という突っ込みはなしでお願いします。
自分なりにデフォルメした、ということで、、、、、f(^^;)。。。。

これを描いてて気づきました。
私ってツル科の植物が大好きかもです。

さて、今月から新しく挑戦してみるお仕事が動き出しました。
忙しくなりますが、楽しくなりそうです。
(⌒▽⌒)
頑張ります。

Twitter & Twitpic