仕事の最近のブログ記事

なかなか更新できないブログにアクセスしていただいてる皆様、いつもありがとうございます。

現在使用中のブログシステムがMobileType4という物で、最近の端末などに対応しにくいシステムであり、しかも、そのシステム全体をバージョンアップさせたりするのがなかなか時間がかかってしまったり大変なので、この度、URLを変えて新しいブログシステムで日記を書いていくことにしました。(専門用語ばっかりでわかりにくいですね。すみません。)

ブログを閉鎖するのではなく、また新しいブログシステムで更新していきますので、今後はそちらをよろしくお願い致します。

新しいブログは

です。

現在のブログも引き続き、読める状態で置いておきます。

ではでは、皆様、勝手いたしますが、今後ともよろしくお願い致します。
今後は携帯やiPadなどからの更新もしやすいシステムなので、もっと頻繁に更新できるかと思います。(と、書いてしまって大丈夫なのかな?(^^;))



新たな挑戦?

今年はホントに桜がきれいで、またまた桜にフィルム3本ほどを費やしました。
まだ現像ができていないのですが、どんな写真が撮れているかな?

そんな4月ですが、この4月から新しい扉を開きました。
というか、開いていただきました。

「Bits」というフリーペーパーで1ページ担当させていただくことになりました。
bits_4.jpg
文章と1ページ全部のデザイン、完全デザインデータ作成までを担当させていただきます。

最初お話をいただいたとき「もっと若いデザイナーさんの方がいいのでは?」と言わせていただいたのですが、Bits全体を担当されているKサんと年齢が近いこともあり、他のお仕事もご一緒させていただき、生活や仕事その他に関して価値観が似ていていろいろお話しやすいこともあり、ありがたく受けさせていただきました。新しい扉を開いてくださったKさんに感謝です。m(_ _)m

「よその地から丹後に嫁いで暮らしている女性の目線で書いて欲しい。」ということでしたので、どんなテーマにするかもいろいろ考え、言葉の使い方なども国語の先生である娘にいろいろ相談してみたり、この丹後で十数年ミニコミ誌「ねこじゃらし」をされているお仕事仲間のIさんや、その中でエッセイを書かれている先輩デザイナーのKさんに見ていただいたり、いろんな方のお力もいただき応援していただきました。

「Bits」は丹後が大好きでちょっとおしゃれな雰囲気が好きな方々が好むフリーペーパーかな、とうことで、デザインなどもいろいろ考えました。
けれど、主役は私のページではなく、スポンサーの皆さんの宣伝や特集記事などなので、「あまり目立ちすぎず、けれど、ふんわり心にひっかかる」そんな雰囲気にしてみました。
テーマは「Sweet Nostalgy in Tango」
ふんわり甘く優しい思い出がいっぱい詰まったような丹後の記事を書いていければ、と思います。
そして、地元で生まれ育った方はもちろん、よそから丹後に来られてアウェイ感を感じたりしてる方々にもホッとしていただいたり、ふんわり気持ちよくなっていただければ、と思います。

「Bits」ってどういう意味かな?とも調べてみました。
「ちょっと」とか「かけら」という意味だそうです。
人間は一人一人ではただの「欠片(かけら)」。いろんな個性の凹凸を持った人たちがつながってひとつの大きな素敵な絵を完成できればいいですね。
そして、「思い出の欠片(かけら)」もいっぱい集めて「思い出の宝箱」にもしていけれないいですね。

まだまだ、始まったばかりで「私でよかったのかなー。でも、喜んでいただけたらいいなー。」という思いです。

主張しすぎないページですが、ふんわりみなさんの心に残ってもらえればいいな、と思います。
よろしくお願いします。
m(_ _)m

近況(絵日記)

2_6.gif

秋色満喫

師走(12月)になりました。
仕事も忙しくバタバタしております。
今年中にすませないといけないことをちゃんと整理して片付けて行かなければ。

そんな中仕事で伊根町に行ったので、帰りに秋色の景色をiPhoneで撮ってきました。
(フィルムでも撮りましたがまだ現像できてません)
今は冬と秋が景色の中に混在している時期ですね。

まだ秋が名残惜しそうに残っています。

この写真、廃屋の木の壁に秋色の葉っぱ達。
誰も世話してくれなくなった廃屋の色あせた木の壁の色が生きている葉っぱ達を引き立たせているようです。

そんな秋色の景色を切り取って絵に描いてみると
13_11_30ine_akinoha2.jpg
水彩絵具と色鉛筆で描いてみました。(パソコンではなくアナログで)

「秋の葉を・・・愛でるは易し、描くは難し。」
秋のきれいな色の葉っぱ、どの絵具とどの絵具を混ぜれば出せるかなと思いながら描いてる時間はとても好きです。
「葉っぱの数やツルの本数減らしたな。」という突っ込みはなしでお願いします。
自分なりにデフォルメした、ということで、、、、、f(^^;)。。。。

これを描いてて気づきました。
私ってツル科の植物が大好きかもです。

さて、今月から新しく挑戦してみるお仕事が動き出しました。
忙しくなりますが、楽しくなりそうです。
(⌒▽⌒)
頑張ります。

ペンタブで落書き

| コメント(2)
nikki.gif ペンタブ練習のため、いろいろ落書きしてみました。
鉛筆デッサン的なこともできます。今のペンタブすごい。rakugaki.jpg
でも、筆に水を含ませて、それで描く感覚とか、そういうのはやっぱりデジタルでは無理でしょね。
仕事では効率とあとのデータの修正などを考えないといけないので、ペンタブ使ったりしてみて、仕事に関係ない完全なる自己満足の絵を描く時はやっぱりアナログにしようかな、と思ったり。。。。それもなかなか時間がないですが。
今は絵画コンクールなども、アナログ手描きだけでなく「ミクストメディア」というジャンルもあったりします。デジタルとアナログの融合作品ですね。
そういうのも面白いです。

しかし、、、、今回のペンタブは購入に後悔がないかも、です。

ペンタブ再び・・・

皆様、お久しぶりです。
なかなかブログが更新できず、すみません。
日頃はTwitterやFacebookでの更新の方が近ごろは多いです。

いろいろありましたが、今日はこれを。

ずっと以前小さなペンタブレットは持っていましたが、あまり使う気になれなかったのですが、今回初めてこんな大きなペンタブを導入してみました。
pentab.jpg
なんとなく、デザイナーっぽいワークスペースに見えてしまう、という、そんな感じでしょうか。
あ、いえ、私は一応デザイナーなんですが・・・・f(^^;)。

今のペンタブはただ付属のペンで手描きができる、というだけでなく、指を使ってタッチ操作すると、画面タッチ機能のないパソコンもまるで画面をタッチして操作しているかのようなことができます。
高機能です。
高機能すぎて・・・・・使いこなせるかどうか。。。。。。

けれど、まあ、やっぱり手描きは紙に鉛筆やペンや筆を使って描くのが一番いいです。
(買ってからこんなこと思う私。。。。f(^^;))

でも、お仕事にはね。やっぱり効率とあとのデータの修正とかしやすくしないといけないので、こういう物も時代的に必要なのでした。

「宝の持ち腐れ」「豚に真珠」「猫に小判」
にならぬよう、使っていきたいと思います。

大切なお知らせを忘れておりました。
8月3日(土)〜11日(日)まで、京都府与謝郡与謝野町で
「まちグルメ in Yosano」と「ひまわりフェスティバル」が開催されております。

詳細はこちらで。


私はなぜか、今、与謝野町産業振興会議の委員をさせていただいております。
そして、このまちグル実行委員会にも所属させていただいております。

お仕事でもまちグル、そして夏のひまわりフェスティバルに係らせていただきました。

仕事じゃなくても仕事でも、なんだか、係ってる人たちみなさん熱いです。
暑い夏ですが、熱いです。

公務員さんも時間外のはずの時間や曜日にも一生懸命働いてらっしゃいますし、産業会議に係ってらっしゃる事業所さんや、まちグル、ひまわりフェスティバルに参加されている業者さんやお店の方々も一生懸命で熱いです。

私もみなさんからエネルギーいただきました。

もうまちグルも食べに行ったところもありますが、まだ行きますよ。
ひまわり & まちグルメ!

私が住んでる与謝野町は「なんにもない町」と言われています。
会議でも「なんにもないでなーー。」と言われる方がいらっしゃいます。
「なんにもない」ってマイナスですか?
人工的な近代的なそういうものがない、→自然がそのまま残っている。
     ▼
これって「宝」じゃないですか!

そんな「なんにもない町 与謝野町」
宝物は住んでる人たちでもあります。みなさん熱くて温かですよ。
(*'‐'*) 
「自然は宝、人は宝、暮らしは宝」
なんにもないのに、幸せそうに暮らしている人たちが増えたら、きっとそこは楽園となる。
きっと、そうだよ。


Mac三昧なGW

image.jpgGW皆様いかがお過ごしでしょうか。
今日もいいお天気で気持ちいい一日でしたね。

私はどこにも遊びには行ってないのですが、久しぶりに子供達も揃ったので一緒に鉄板を囲んで焼肉したり、お好み焼きしたり。
あとは今のところ仕事場の大掃除、ガーデニングなどなど。

息子が帰って来ていたので学生の息子を連れて携帯をdocomoからiPhoneに替えて来ました。
学生がいるといろいろお得なキャンペーン中でしたので。
そして仕事用のパソコンも古いMacがそろそろ調子が悪くなってきてたので、新しいiMacを使うことにしました。
iPadも持ってますし、これでiMac、iPad、iPhoneを同期させることができるようになり、スケジュール管理なども楽になりました。^_^
これもiPhoneで更新してますが、うまく更新できるかな?


今日は改めて「デザイン」について考えて語ってみます。

「デザイン」の役割って何だと思われます?

かっこ良く見せたり、きれいに見せて「すごーーい。」っていろんな人に言ってもらえること?

いえ、そうではありません。

ずばり
「目的を達成させること」
です。

その目的とは

  • 商品を売りたい
  • お店のお客をもっと増やしたい
  • 会社のイメージを良くしてもっと仕事を受注したい

その他いろいろ。。。。。

印刷物やホームページを誰もが「オーー、かっこいいー。」と言うようにかっこいいデザインにしてもらったのに、全然効果が上がらない。商品も売れないし、お客も増えない。
こんなことありませんか?

デザイナーは、それはもちろん誰もが「おーー、さすがーー。」と言われるようなかっこいいデザイン、きれいなデザインしたいです。自分の業績として自慢できるので。
けれど、それは本当の意味でのいいデザイン、いいデザイナーとは言えないのではないでしょうか。

例えば、田舎にある美容室。
田舎で生活しているいろんなお客様に来ていただきたいのに、もし東京銀座にあるようなとってもおしゃれな高級感のある店構えにしてしまったらどうでしょう。
敷居が高くて、お客様はほとんど来てくださらないでしょう。
いくら技術がすごくても、まずお店に入るところで躊躇してしまうからです。
ターゲット層にもよりますが、すごいかっこいい洗練されたデザインではなく、あえてちょっとダサめな親しみのわくデザインにしておいた方がかなりの効果を上げ目的を達成できたりすることもあります。

去年の12月から受講しているWEB講習の講師さんも同じようなことを言われていて「そう、そこ、それ大事ーーー。自己陶酔デザイナーになっちゃだめー。」と思いました。

大事なのはデザイナーが自分のすごさを見せつける事ではないです。お仕事を依頼して下さったお客様の業績がアップしたり、目的を達成して、より良い方向へ向かっていただく事。
それを第一に考えてお仕事しなければいけないな、と改めて考えたのでした。









「描く」といふこと・・・

子供のころから絵を描くのが大好きでした。

絵だけ(←ここ強調)は、結構多くの人からほめてもらえました。(^^;)

絵を描いていると、その中に自分が入っていって、夢中になれました。

大学に進学する時絵画コースに進みたかったのですが、将来の就職のことを考えてデザイン科にしました。

社会に出た時、まだどうしても「描く」ということがあきらめきれず、母校の大学に教えに来てくださってた教授に油絵を習いに行ってました。
けれど、結局仕事や恋愛やその後結婚や、出産や仕事や・・・・なんやかんやで「描く」ということをできずにきました。
けれど、結局そんなことは言い訳でどんなに忙しくても本当にやる気のある人は続けて今では「描く」ということでプロになっています。

「老後になったらゆっくり絵を描きたいなー。」などと言っててもまた先延ばし。
幸い今年は「描く」ということも必要なお仕事をさせていただく機会もできそうなので、「自分の手で描く感覚」を取り戻したいと思ってます。
なので、日々、日常生活の中の一部として「描く」ことを取り入れます。

今年になって描いた作品。
全て家の中や庭にあったもの。
練習作品です。
「海の実と山の実」
水彩+色鉛筆
13_1_6.jpg
山で取って来た「やしゃぶし」と小さな実の植物は浜辺で取ってきました。
玄関に飾っていた物を。
「苔玉とシンゴニューム」
水彩+色鉛筆
13_1_7kokedama.jpg
これも玄関に飾ってます。苔玉をわざわざ描くのはどうかと思いましたが、この苔玉の濡れた質感を出したくてそこにこだわってたら、葉っぱの質感が出ませんでした。(^^;)
「寒椿」
水彩+色鉛筆
13_1_7tsubaki.jpg
庭に咲いてた「寒椿」真っ赤ではなく、ローズ系の色です。
色みの少ない冬に咲く寒椿ってけなげですね。
けれど、その雰囲気を描くのは難しいです。(^^;)

中学校のときは、毎日テニス部に行きながら、家では毎日人物クロッキーをして、描きためたものを、中学校の美術の先生に講評していただいてました。
高校のときは毎日放課後、美術室にこもって、デッサンしたり油絵を描いていました。

自分の手で描きだすと、感覚が戻ってきます。
線の1本1本、一筆一筆、どんな風に力を入れるのか抜くのか、そういう微妙な手の感覚って、やっぱり普段から使ってないと退化しますね。

ある意味、ちょっとリハビリ気分で今年は描いていきたいと思います。
ただ、「上手に描こう」と思うと描けなくなってしまうので、「描きたい」と思って描こうと思います。

あ、フィルム写真も続けております。冬は光が少ないので撮る枚数が少なくなっておりますが。
今年も描く事、フィルム写真を撮る事、ギターを弾く事、歌う事、引き続き続けていきます。(^▽^)

最近のブログ記事

ゆく年2012、くる年2013
2012年、今年ももうすぐ終わりですね。…
「経済」の話は苦手なのだけど・・・
先日テレビで「景気回復」についての討論を…
お久しぶりです。
10月に入り、秋めいてまいりました。お久…